こんな子がキッズモデル向き!本人のヤル気が何よりも重要

女の人

ニーズのチェックをしよう

女の子たち

我が子をキッズモデルにしたいのならば、まずはタレント事務所へのエントリーをしましょう。確実に合格するには、必要とされるニーズを理解したアピールと売り込む武器を整えることが重要です。

詳細

視聴者にもっとも近い役割

2人の女性

キャスティングは、もっとも視聴者に近い表現者を選ぶ重要な仕事です。番組のコンセプトを正しく伝えるためにも、役割に合った適切なキャスティングができる専門業者に依頼した方が良いでしょう。

詳細

向き不向きがある

スタジオ

自分の子どもはキッズモデル向きか知りたい!そんなキッズモデルに興味のあるママは、まずキッズモデル向きな子どもの条件をチェックしてみましょう。可愛いお洋服に身を包んだ我が子は可愛いものですが、向いていない環境に子どもを送るのは、子どもがかわいそうです。キッズモデルは本人のヤル気が何よりも重要だと言えるでしょう。さて、キッズモデル向きとはどのようなタイプの子どもなのでしょうか。条件をチェックしてみましょう。第一に、人見知りしないことがポイントです。キッズモデルの仕事は、知らない大人や子どもと写真に写るほか、多くの大人のスタッフがいる現場にいなければならないこともあります。常に同じ人との仕事ではないですから、知らない人にも平気で接することができるのかは重要なポイントです。そのためキッズモデルには年齢の割に落ち着いた子が多くいます。次に重要なのは、素直さです。カメラさんやスタッフさんの指示に従うことが求められます。時には気が乗らないときもあるでしょう。それでも仕事を滞らせないためには、指示に従ってくれるキッズモデルである必要があるのです。また、指示に従うのは仕事の面だけではありません。カメラなどの機材やセットなどは、不用意に触れば倒れるなどの危険性もあります。指示に素直に従えない場合は、子ども自体のケガなどのリスクもかなり高くなります。最低限、この2つの条件をクリアしていることがキッズモデルとして必要なポイントでしょう。

道を切り開くコツ

歌う女性

オーディションで勝ち抜くには、ボーカルオーディションでチェックされているポイントを把握しましょう。個性が足りないなら技術で補い、万能性の高いボーカルになるのがオススメです。

詳細